表記規則

本書では以下に示す表記規則が採用されています。

書体の一般的な規則

本書で使用されている書体の一般的な規則は次のとおりです。

斜体

重要な注釈の強調、特別な用語の初出時、本書内での相互参照と引用に使用されます。

太字

メニュー名などのインタフェース要素を強調するために太字が使用されます。信号名を示すためにも使用されています。また、必要に応じて説明表の用語にも太字が使用されています。

monospace

コマンド、ファイル名、プログラム名、ソースコードなどの、キーボードから入力可能なテキストを示しています。

monospace

コマンドまたはオプションに使用可能な略語を示しています。コマンドやオプションの名前を全部入力する代わりに、下線部分のテキストだけを入力してこれらを指定できます。

monospace italic

具体的な値に置き換えられる引数を示しています。

monospace bold

サンプルコード以外で使用されている場合、言語のキーワードを示しています。

< および>

コードまたはコード片の中で不等号の括弧で囲まれている部分は、アセンブラ構文内で置き換え可能なことを示しています。次に例を示します。

MRC p15, 0 <Rd>, <CRn>, <CRm>, <Opcode_2>

Copyright © 2008-2010 ARM. All rights reserved.ARM DDI 0409FJ
Non-ConfidentialID013111