4.2. Windows 環境でのインストール

メディアがドライブ D: 内にあり、インストールディレクトリとして C:\Program Files\ARM を選択する場合は、以下のコマンドを入力します。

D:\setupcli.exe install --source D: --target "C:\Program Files\ARM" --env SYSTEM

システム環境ではなく、ユーザ環境を設定する場合は、代わりに --env USER を指定します。 RVDS をネットワーク共有にインストールすることもできますが、その場合には各ユーザが以下のように自分の環境を設定して RVDS を実行する必要があります。

  cd "W:\ARM\bin\win_32-pentium"
  armenv --system -p RVDS

インストール中に、EULA(エンドユーザライセンス契約)に同意するかどうかが尋ねられます。 「yes」と入力します。

Note

RVDS は、管理者特権を持つアカウントを使用してインストールする必要があります。

Copyright © 2003-2008 ARM Limited. All rights reserved.ARM DSI 0033HJ
Non-Confidential