4.7. 製品の構文

製品を指定する構文を以下に示します。

-p category [name [version [revision]]]

名前の構成要素には以下の意味があります。

category

製品の識別子です。例えば、RVDS などがあります。

name

この引数は使用しないで下さい(デフォルト名は Contents です)。

version

製品のバージョン番号です。例えば、4.0 などがあります。 バージョンを指定しなかった場合、インストールされている製品の最新バージョンが使用されます。

revision

製品の特定のビルド番号です。 ビルド番号を指定しなかった場合、インストールされている製品の最新ビルドが使用されます。

例えば、RVDS v4.0 を Windows からアンインストールする場合は、以下のように入力します。

setupcli.exe uninstall --product RVDS 4.0

Copyright © 2003-2008 ARM Limited. All rights reserved.ARM DSI 0033HJ
Non-Confidential