3.2.4. FPIC アドレス指定

/fpic 修飾子を使用すると、相対アドレス参照がプログラムをロードした場所に依存しない、読み出し専用の位置非依存コードが生成されます。コードで System V の共有ライブラリを使用している場合にのみ、参照アドレスが実装されます。コードで共有オブジェクトを使用している場合、/fpic を指定してコンパイルする必要はありません。

RVCT でサポートされている System V 共有ライブラリの詳細については、RealView Compilation Tools v3.0 Linker and Utilities Guideを参照して下さい。

Copyright © 2002-2006 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0203GJ
Non-Confidential