2.1. 組み込みソフトウェアの開発について

ほとんどの組み込みアプリケーションは、まず、最終製品で使用可能なリソースとは異なるリソースを使用したプロトタイプ環境で開発されます。そのため、組み込みアプリケーションを、開発環境やデバッグ環境の機能に依存する環境からターゲッドハードウェア上でスタンドアロンで実行されるシステムに移行するプロセスを考慮することが重要です。

RVCT を使用して組み込みソフトウェアを開発する場合は、以下の点を考慮する必要があります。

Copyright © 2002-2006 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0203GJ
Non-Confidential