2.2. ターゲットシステムが存在しない場合の RealView Compilation Tools のデフォルトの動作

組み込みアプリケーションのソフトウェア開発に着手する際に、ターゲットハードウェアの技術的な仕様全体を把握していない場合があります。例えば、ターゲットのペリフェラルデバイス、メモリマップ、さらにはプロセッサ自体についても、詳細を把握していない場合があります。

このような詳細を把握していなくてもソフトウェア開発を進められるように、RealView Compilation Tools には、ユーザがアプリケーションコードのビルドとデバッグをすぐに開始できるようにするデフォルトの動作が用意されています。デフォルトのビルドから完全なスタンドアロンのアプリケーションへの移行に必要な手順を理解するためにも、このデフォルトの動作を知っておくことが重要です。

このセクションは以下のサブセクションから構成されています。

Copyright © 2002-2006 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0203GJ
Non-Confidential