2.3. ターゲットハードウェアに合わせた C ライブラリのカスタマイズ

デフォルトでは、C ライブラリはセミホスティングを利用してデバイスドライバレベルの機能を提供し、ホストコンピュータを入出力デバイスとして使用できるようにします。開発時に使用するハードウェアには、最終的なシステムのすべての入出力機能が備わっていないことがよくあるため、この機能が役立ちます。

このセクションは以下のサブセクションから構成されています。

Copyright © 2002-2006 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0203GJ
Non-Confidential