5.3.2. 独自の C ヘッダファイルのインクルード

独自の C ヘッダファイルをインクルードするには、#include ディレクティブを extern "C" ステートメントでラップする必要があります。以下の方法で行うことができます。

Example 5.2. インクルードファイルの前に配置されたディレクティブ

// C++ code

extern "C" {
#include "my-header1.h"
#include "my-header2.h"
}

int main()
{
    // ...
    return 0;
}

Example 5.3. ヘッダファイル内に配置されたディレクティブ

/* C header file */

#ifdef __cplusplus    /* Insert start of extern C construct */
extern "C" {
#endif

/* Body of header file */

#ifdef __cplusplus  /* Insert end of extern C construct */
}                   /* The C header file can now be */
#endif              /* included in either C or C++ code.*/
Copyright © 2002-2006 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0203GJ
Non-Confidential