1.4. ARM アーキテクチャ v6 のサポート

RVCT のすべてのコンポーネントでは、ARMv6 をサポートしています。armasm では、すべての ARMv6 命令を使用できます。armlink では、必要に応じて ARMv6 ライブラリオブジェクトにリンクできます。fromelf では、ARMv6 命令を正しく逆アセンブルできます。コンパイラの組み込みアセンブラでは、すべての ARMv6 命令をサポートしています。インラインアセンブラでは、ほとんどの ARMv6 命令をサポートしています。

ARMv6 用のコードをコンパイルするには、以下を使用します。

特定の ARMv6 プロセッサ用のコードをコンパイルするには、プロセッサ名を指定します。以下に例を示します。

このセクションは以下のサブセクションから構成されています。

Copyright © 2002-2006 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0203GJ
Non-Confidential