3.3.2. RWPI に関連するレジスタの使用方法

レジスタ r9 は、スタティックベースレジスタ sb です。このレジスタは、外部から参照できるルーチンが呼び出されるときに、常に適切なスタティックデータセグメントのベースアドレスを指している必要があります。

sb を使用しないルーチンでは、r9 を他の目的に使用することもできます。この場合は、sb の内容をルーチンへのエントリで保存し、終了前に復元する必要があります。また、sb の内容は、外部ルーチンへの呼び出しが発生する前に復元する必要があります。

RWPI の有無に関係なく、レジスタの使用方法は同じです。

Copyright © 2002-2006 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0203GJ
Non-Confidential