3.3.3. 位置非依存データのアドレス指定

RWPI セグメントは、まだ使用されていない間であれば再配置できます。RWPI セグメント内のシンボルのアドレスは、以下のように計算されます。

  1. リンカによって、セグメント内の固定位置からの読み出し専用オフセットが計算されます。便宜的に、この固定位置は、プログラムの中で最下位アドレスが指定された RWPI セグメントの先頭バイトの位置になります。

  2. ランタイム時に、この読み出し専用オフセットが、スタティックベースレジスタ sb の内容に加算されるオフセットとして使用されます。

Copyright © 2002-2006 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0203GJ
Non-Confidential