3.1. ARM ライセンスウィザードを使用したノードロックライセンスのインストール

ARM ライセンスウィザードは、Windows 対応のグラフィカルツールで、ARM ライセンス環境を設定するのに役立ちます。 一部の ARM ソフトウェアツール(RealView Development Suite など)に付属しています。 ARM ライセンスウィザードがない場合は、ライセンスを手動でインストールする必要があります。 詳細については、ノードロックライセンスの手動インストールを参照して下さい。

Note

このセクションでは、ARM ライセンスウィザードバージョン 4.x の使用方法について説明します。 古いバージョンのライセンスウィザードを使用している場合は、ご使用の開発ツール付属の対応するマニュアルを参照して下さい。

ノードロックライセンスをインストールする最も簡単な方法を以下に示します。

  1. インストール時に、ARM ライセンスウィザードが自動的に起動します。 後で ARM ライセンスウィザードを起動するには、[スタート] → [プログラム] → [ARM] → [ライセンスウィザード v4.x]を選択します。

  2. [Next]をクリックして Action Selection 画面を表示します。 詳細については、Figure 2.1を参照して下さい。

  3. [Install license]を選択します。

  4. [Next]をクリックします。

  5. ノードロックライセンスのインストールに関する情報を確認します。 ご使用の種類のライセンスに必要なタスクが完了したら、[Next]をクリックします。

  6. [参照]をクリックして、取得した永久ライセンスファイルを見つけて選択します。

  7. [追加]をクリックし、コンピュータに使用できるライセンスソースのリストにライセンスファイルを追加します。 このファイルが、インストールされている ARM ツールのライセンスのサブディレクトリに存在しない場合は、ライセンスファイルをその場所にコピーするかどうかを確認するメッセージが表示されます。 すべての ARM ライセンスファイルを 1 つのディレクトリに保管して、簡単に管理できるようにすることをお勧めします。

  8. [Next]をクリックします。

  9. [Finish]をクリックします。 この手順により、ウィザードで行った変更が ARM ライセンス環境に反映されます。

Copyright © 2002-2004, 2006-2008 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0209HJ
Non-Confidential