6.3.1. サーバーのデバッグログに "Invalid license key (inconsistent authentication code)"(無効なライセンスキー(認証コードが一致していません))と表示されます。

ライセンスキーが無効であることを示すエラーメッセージは、通常、ライセンスファイルの中で、ユーザが変更すべきではない部分を変更したときに表示されます。 例えば、3 つのサーバライセンスを所持しており、3 つの SERVER 行のうち 2 つをコメント化したとします。 ライセンスファイルで編集を許可されている部分は、ホスト名とライセンスサーバデーモンのポート番号、およびデーモンのパス名(デフォルトで path_to_armlmd に設定されている場合)のみです。 オプションファイルへのパスや SORT 構文などの、特定のコンテンツを追加できます。 『FLEXnet エンドユーザガイド』を参照して下さい。

無効なライセンスキーというメッセージは、インストールしたライセンスファイルの形式と互換性がない、FLEXnet ライセンスサーバソフトウェアの古いバージョンが実行されていることに起因している場合があります。 この現象は、開発ツールをアップグレードした場合(ADS v1.2 から RealView Development Suite v4.0 にアップグレードした場合など)に発生することがあります。

ライセンスサーバソフトウェアと ARM ソフトウェア開発ツールのバージョンの互換性については、ARM テクニカルサポート Web サイトで、FAQ の「ライセンス管理について」(http://www.jp.arm.com/tec_support/license_faq.html)を参照して下さい。

Copyright © 2002-2004, 2006-2008 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0209HJ
Non-Confidential