1.1.2. ライセンスサーバのプラットフォーム

Caution

サポートされていないサーバプラットフォームを使用しようとすると、ライセンスエラーが発生する場合があります。 製品のマニュアルで、どのオペレーティングシステムのバージョンがサポートされているかを確認して下さい。

ARM 開発ツールでサポートされる、すべてのプラットフォーム用のライセンス管理ユーティリティは、ツールソフトウェアに付属しています。 ライセンス管理ユーティリティをお持ちでない場合は、ARM ライセンスサポート(license.support@arm.com)までお問い合わせ下さい。

ライセンスサーバのプラットフォームは、ツールのプラットフォームと同じである必要はありません。 例えば、開発ツールを Windows 環境にインストールして、Solaris 環境のライセンスサーバを使用することができます。 詳細については、使用している製品のマニュアルを参照して下さい。

ARM アプリケーションの浮動ライセンスを管理するには、該当するすべてのコンピュータに TCP/IP ソフトウェアをインストールして、設定および実行する必要があります。

Copyright © 2002-2004, 2006-2008 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0209HJ
Non-Confidential