3.2. ノードロックライセンスの手動インストール

ARM ライセンスウィザードを使用せずに、ノードロックライセンスを自分でインストールすることもできます。

手動でノードロックライセンスをインストールするには

  1. 第 2 章の説明に従って、ARM Web ライセンスのポータルからライセンスを取得します。

  2. ライセンスファイルを license.dat という名前で保存し、C:\Program Files\ARM\licenses か、ARM 製品をインストールした別の場所に置きます。 後で見つけやすくするために、ライセンスファイルは licenses という名前のディレクトリに保存して下さい。

    ARM Developer Suite(ADS)のライセンスをインストールしている場合は、ADS ルートディレクトリの license.dat ファイルを上書きしないようにして下さい。 このファイルを上書きすると、CodeWarrior IDE が起動に失敗し、ライセンスエラーが報告されます。 license.dat ファイルを上書きした場合は、ADS CD-ROM のルートディレクトリにこのファイルがあるため、上書きしたファイルを置き換えることができます。

  3. ARMLMD_LICENSE_FILE という Windows 環境変数を作成するか変更して、C:\Program Files\ARM\licenses\license.dat を指すようにします。ARM 開発ツールを別の場所にインストールした場合は、これに相当する場所を指すようにします。 詳細については、コントロールパネルの使用を参照して下さい。

Copyright © 2002-2004, 2006-2008 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0209HJ
Non-Confidential