3.1. ビルドタスクとデバッグタスクの概要

Table 3.1 は、RVDS ツールを使用してアプリケーションをビルドおよびデバッグするための主なタスクの手順概要と詳細な手順が記載されているマニュアルを示しています。

参照マニュアルに記載されているタスクは、Table 3.1 と異なる順序で記載されている場合があります。初めて RVDS ツールを使用する場合は、参照マニュアルに記載されている順序でタスクを実行することをお勧めします。Table 3.1 の順序は、タスクの一般的な実行順序を反映したものです。

Table 3.1. 主なビルドタスクとデバッグタスク

手順説明参照
1

プロジェクトの管理およびビルドに使用する RVDS アプリケーションを選択します。

  • CodeWarrior for RVDS を使用する場合は、手順 3 に進みます。

  • RVCT を使用してコマンドラインからビルドする場合は、手順 2 に進みます。

 
2

RVCT ビルドツールを直接使用する場合は、必要なビルドコマンドを含むメークファイルまたは Windows コマンドファイルを作成します。

手順 9 に進み、RealView Debugger にイメージをロードしてデバッグします。

RealView Compilation Tools 基本操作ガイド
3

CodeWarrior for RVDS を起動します。

RealView Development Suite CodeWarrior IDE Guide

4

既存の CodeWarrior for RVDS プロジェクトがある場合は、手順 6 に進みます。

RealView Development Suite CodeWarrior IDE Guide
 

既存のプロジェクトがない場合は、アプリケーション用に CodeWarrior for RVDS プロジェクトを作成します。

5

アプリケーションのイメージをビルドするのに必要なビルドターゲット設定を指定します。手順 7 に進みます。

RealView Development Suite CodeWarrior IDE Guide
6既存の CodeWarrior for RVDS プロジェクトを開きます。RealView Development Suite CodeWarrior IDE Guide
7

CodeWarrior for RVDS プロジェクトのイメージをビルドします。

RealView Development Suite CodeWarrior IDE Guide
8

使用するイメージを選択します。

  • プリビルドされたサンプルイメージなど、既存のイメージを使用する場合は、手順 9 に進みます。

  • 新しいイメージをビルドする場合は、手順 1 に戻ります。

サンプルプロジェクトの使用

9

RealView Debugger を起動します。

RealView デバッガエッセンシャルガイド
10必要に応じて、デバッグターゲットおよび接続を設定します。RealView デバッガターゲットコンフィグレーションガイド
11デバッグターゲットに接続します。
  • RealView デバッガエッセンシャルガイド

  • RealView デバッガユーザガイド

12デバッグ可能なイメージをロードします。
  • RealView デバッガエッセンシャルガイド

  • RealView デバッガユーザガイド

13ブレークポイント、トレースポイントなど、デバッグ機能を準備します。
  • RealView デバッガエッセンシャルガイド

  • RealView デバッガユーザガイド

  • RealView Debugger Trace User Guide

  • RealView Debugger RTOS Guide

14イメージを実行します。
  • RealView デバッガエッセンシャルガイド

  • RealView デバッガユーザガイド

15ステッピング、変数やメモリの内容を表示するなど、必要なデバッグタスクと監視タスクを実行します。トレースポイントを使用している場合は、RealView Debugger のトレース解析機能を使用して、トレース出力を解析します。
  • RealView デバッガエッセンシャルガイド

  • RealView デバッガユーザガイド

  • RealView Debugger Trace User Guide

  • RealView Debugger RTOS Guide

16

デバッグセッションの結果によって、次に進む手順が異なります。

  • 問題がある場合は、手順 17 に進みます。

 
 
  • 問題がない場合は、最終的なリリース用のイメージを再ビルドします。

  • RealView Development Suite CodeWarrior IDE Guide

  • RealView デバッガエッセンシャルガイド

  • RealView Compilation Tools 基本操作ガイド

17

ソースコードにある問題の修正に使用するツールを選択します。

 
 
  • CodeWarrior for RVDS を使用します。

  • RealView Development Suite CodeWarrior IDE Guide

 
  • 任意のソースエディタを使用します。

 
18

問題を修正したら、イメージを再ビルド、リロード、およびデバッグする必要があります。

  • CodeWarrior for RVDS を使用している場合は、手順 6 に戻ります。

  • RVCT を直接使用している場合は、手順 2 に戻ります。

 
Copyright © 2003-2006 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0255EJ
Non-Confidential