ARM® Workbench IDE ユーザガイド

バージョン 4.0


Table of Contents

序章
本書について
対象読者
本書の構成
表記規則
参考資料
フィードバック
ワークベンチに関するフィードバック
本書に関するフィードバック
1. はじめに
1.1. ワークベンチについて
1.2. ARM プラグインについて
1.3. インストールの要件
2. スタートガイド
2.1. ワークベンチの起動
2.1.1. 言語パック
2.1.2. ワークベンチウィンドウの開閉
2.2. ワークベンチの機能
2.2.1. ワークスペース
2.2.2. リソース
2.2.3. 画面モードとビュー
2.2.4. メニュー
2.2.5. ツールバー
2.3. ソースコードの編集
2.3.1. ナビゲーション
2.3.2. 検索
2.3.3. コンテンツアシスタンス
2.3.4. ブックマーク
2.4. ワークベンチの設定
2.4.1. [環境設定]ダイアログボックス
2.4.2. [プロパティ]ダイアログボックス
2.5. ビルド
2.6. インポートとエクスポート
2.6.1. インポート
2.6.2. エクスポート
2.7. ヘルプの取得
2.7.1. ダイナミックヘルプ
2.7.2. ARM 固有のチートシート
2.7.3. 新機能のインストール
2.7.4. ARM Web サイトへのアクセス
2.7.5. チュートリアル
2.8. 使用制限
3. プロジェクトの操作
3.1. ARM プロジェクトのタイプについて
3.1.1. 実行可能ファイル
3.1.2. Static Library
3.1.3. Linux 用 ARM プロジェクトタイプ
3.1.4. ビルドコンフィギュレーション
3.1.5. プロジェクトテンプレートスイート
3.2. 新しい RealView プロジェクトの作成
3.3. 既存の Eclipse プロジェクトのインポート
3.4. 既存の CodeWarrior プロジェクトのインポート
3.5. プロジェクトへのファイルの追加
3.6. プロジェクトへのライブラリの追加
4. ビルドと Compilation Tools の設定
4.1. ARM プロジェクトのビルドプロパティへのアクセス
4.2. 特定のファイルのビルドプロパティへのアクセス
4.3. ARM Compilation Tools の設定
4.4. ARM fromelf ユーティリティの使用
4.4.1. コードの逆アセンブル
4.5. デフォルトの復元
5. エディタの操作
5.1. C/C++ エディタ
5.2. ARM アセンブラエディタ
5.3. プロパティエディタ
5.3.1. プロパティエディタのタブ
5.3.2. コメント付きブロックへの制御タグの組み込み
5.3.3. 制御タグについて
5.3.4. 使用制限
5.3.5. 使用例
5.4. スキャッタファイルエディタ
5.4.1. スキャッタロード記述ファイルの例
5.5. ELF コンテンツエディタ
5.5.1. 概要
5.5.2. シンボルテーブル
5.5.3. 命令サイズ
5.5.4. 逆アセンブリ
6. ARM Flash Programmer の操作
6.1. ARM flash programmer について
6.2. フラッシュデバイスのプログラミング
6.3. フラッシュイメージのインポート
6.4. フラッシュターゲットの管理
6.5. フラッシュデバイスマネージャの使用
6.6. 新規フラッシュアルゴリズムの作成
6.7. RealView Debugger で使用するボードのエクスポート
6.8. RealView Debugger で使用するフラッシュデバイスのエクスポート
7. RealView Debugger の操作
7.1. RealView Debugger への実行可能イメージのロード
7.1.1. 既存のワークベンチのターゲットコンフィギュレーションを使用したロード
7.1.2. ワークベンチターゲットコンフィギュレーションなしでのロード
7.2. デバッグコンフィギュレーションの作成
7.3. デバッグコンフィギュレーションの設定
7.3.1. 既存のデバッグコンフィギュレーションの選択
7.3.2. デバッグするイメージの変更
7.3.3. RealView Debugger の接続設定の設定
7.3.4. 実行引数の指定
7.4. デバッグコンフィギュレーションを使用した RealView Debugger の起動
7.5. RealView Debugger で使用する IP-XACT 設計ファイルのエクスポート
A. 用語、ショートカット、およびアイコン
A.1. 用語
A.2. キーボードショートカット
A.3. メニューおよびツールバーアイコン

List of Figures

2.1. [Welcome]ビュー
2.2. ワークベンチウィンドウ
2.3. [Workspace launcher]ダイアログボックス
2.4. リンクされたファイル
2.5. リンクされたフォルダ
2.6. リンクされたプロジェクト
2.7. 画面モードの変更
2.8. ワークベンチのツールバー
2.9. 画面モードのツールバー
2.10. ビューのツールバー
2.11. [Window]環境設定ダイアログボックス
2.12. [Project properties]ダイアログボックス
2.13. ワークベンチのビルド動作
2.14. 標準的なインポートウィザードの例
2.15. 標準的なエクスポートウィザードの例
2.16. チートシートの選択
2.17. チートシートの例
2.18. RealView Debugger のメッセージ
3.1. インストールされたツールチェーンの ARM プロジェクトタイプ
3.2. Project converters
3.3. プロジェクトの命名
3.4. プロジェクトテンプレートの選択
3.5. ターゲット設定の微調整
3.6. 言語の設定
3.7. プロジェクトサンプル
3.8. インポートソースタイプの選択
3.9. インポートする既存の Eclipse プロジェクトの選択
3.10. CodeWarrior XML の選択
3.11. CodeWarrior プロジェクトのインポート
3.12. ソースフォルダがプロジェクトファイルの上にある構造
3.13. フィルタにパスとパス変数が含まれる
3.14. ファイルの命名
4.1. ARM プロジェクトのビルドコンフィギュレーションパネル
4.2. ワークベンチからの fromelf の呼び出し
5.1. バスコンフィギュレーションの GUI コンポーネント
5.2. バスコンフィギュレーションのビット位置
5.3. パスワード文字列の GUI コンポーネント
5.4. データ読み出しプロトコルの GUI コンポーネント
5.5. スタックコンフィギュレーションの GUI コンポーネント
5.6. VPBDIV 定義の GUI コンポーネント
5.7. ロード領域名の追加
5.8. [概要]タブ
5.9. [概要]タブ
5.10. [シンボルテーブル]タブ
5.11. [命令サイズ]タブ
5.12. [逆アセンブリ]タブ
6.1. ARM Flash Programmer
6.2. コンフィギュレーションの作成、管理、および実行
6.3. デバイスのプログラミングの結果
6.4. インポートするフラッシュイメージの選択
6.5. フラッシュイメージのインポート設定
6.6. コンフィギュレーションの管理
6.7. テストターゲットの接続方式
6.8. デバイスのテストの結果
6.9. フラッシュデバイスの追加または削除
6.10. フラッシュデバイスのインポート
6.11. フラッシュデバイスオブジェクトファイルのインポート
6.12. 新規フラッシュデバイスプロジェクト
6.13. フラッシュプロジェクトの命名
6.14. フラッシュデバイスの詳細
6.15. フラッシュデバイスのコンフィギュレーション設定
6.16. RealView Debugger ボードのエクスポート
6.17. ボードコンフィギュレーションの選択
6.18. フラッシュデバイスの RealView Debugger へのエクスポート
6.19. フラッシュデバイスオブジェクトファイルのエクスポート
6.20. フラッシュデバイスの構造のエクスポート
6.21. フラッシュデバイスのブロックのエクスポート
6.22. デバイスの構造の問い合わせ
6.23. フラッシュデバイスのパラメータのエクスポート
7.1. [デバッグ]パネル
7.2. RealView Debugger への IP-XACT のエクスポート
7.3. IP-XACT 設計ファイルの選択

著作権

® または ™ のマークが付いた言葉およびロゴは、この著作権情報で別段に規定されている場合を除き、ARM Limited の EU またはその他の国における登録商標および商標です。 本書に記載されている他の製品名は、各社の所有する商標です。

本書に記載されている情報の全部または一部、ならびに本書で紹介する製品は、著作権所有者の文書による事前の許可を得ない限り、転用・複製することを禁じます。

本書に記載されている製品は、今後も継続的に開発・改良の対象となります。 本書に含まれる製品およびその利用方法についての情報は、ARM が利用者の利益のために提供するものです。 したがって当社では、製品の市販性または利用の適切性を含め、暗示的・明示的に関係なく一切の責任を負いません。

本書は、本製品の利用者をサポートすることだけを目的としています。 本書に記載されている情報の使用、情報の誤りまたは省略、あるいは本製品の誤使用によって発生したいかなる損失・損傷についても、ARM Limited は一切責任を負いません。

ARM という用語が使用されている場合、"ARM または必要に応じてその子会社" を指します。

機密保持ステータス

本書は非機密扱いであり、本書を使用、複製、および開示する権利は、ARM および ARM が本書を提供した当事者との間で締結した契約の条項に基づいたライセンスの制限により異なります。

アクセス制限は、ARM 社内による分類です。

製品ステータス

本書の情報は最終版であり、開発済み製品に対応しています。

Revision History
Revision A2006 年 3 月ARM® RealView® Development Suite リリース v3.0
Revision B2007 年 3 月RealView Development Suite 向けリリース v3.1
Revision C2007 年 7 月RealView Development Suite 向けリリース v3.1 - ARM Flash Programmer およびアセンブラエディタの更新
Revision D2007 年 12 月RealView Development Suite 向けリリース v3.1 - CodeWarrior Importer の更新
Revision E2008 年 9 月RealView Development Suite v4.0 リリース
Copyright © 2006-2008 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0330EJ
Non-Confidential