2.4.3. 浮動小数点を使用したベアマシン C

アプリケーションで浮動小数点処理を使用する場合は、以下の手順を実行する必要があります。

ソフトウェア浮動小数点を使用している場合は、関数 __rt_fp_status_addr() を定義して、浮動小数点状態レジスタの代わりに使用する書き込み可能データワードのアドレスを取得することもできます。 この定義を行わない場合、__user_libspace 領域(96 バイトを占有)が作成されます。 __user_libspace 領域については、__user_libspace スタティックデータ領域を参照して下さい。

Copyright © 2007 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0349AJ
Non-Confidential