4.3.15. 斜辺関数(hypot)

この関数は、二辺の長さが xy である直角三角形の斜辺の長さを計算します。 同様に、デカルト座標のベクタ(x,y)の長さを計算します。 sqrt(x*x+y*y) よりも hypot(x,y) を使用した方がよい理由は、xy の値によっては、平方根では問題にならなくても、x * x + y * y がオーバーフローする可能性があるためです。

double hypot(double x, double y);

hypot は、結果が double に収まらない場合に ERANGE エラーを返します。

Copyright © 2007 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0349AJ
Non-Confidential