2.10. ストレージ管理のカスタマイズ

このセクションでは、rt_heap.h 内の関数について説明します。これらの関数を定義することで、メモリ管理をカスタマイズできます。 また、ヒープの実装から呼び出すことのできる 2 つのヘルパ関数についても説明します。

メモリ関連の関数については、rt_heap.hrt_memory.s の 2 つのインクルードファイルを参照して下さい。

Copyright © 2007 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0349AJ
Non-Confidential