2.7.5. LC_COLLATE データブロック

LC_COLLATE データブロックを定義するマクロは、以下のとおりです。

  1. シンボル名とロケール名を使用して LC_COLLATE_begin を呼び出します。 詳細については、開始位置の指定を参照して下さい。

  2. 以下のマクロのいずれかを実行します。

    • LC_COLLATE_table を繰り返し呼び出して、256 個のテーブル エントリを指定します。LC_COLLATE_table は、引用符内に単一の引数をとります。 これは、テーブルエントリのコンマ区切りのリストである必要があります。 各テーブルエントリでは、使用できる 256 個の文字がそれぞれ記述されます。値は、ソート順序内での位置を示す番号です。 例えば、文字 A を B より前に並べる場合、そのテーブルのエントリ 65 (A に該当)は、エントリ 66 (B に該当)より小さい値にする必要があります。

    • 引数を指定せずに LC_COLLATE_no_table を呼び出します。 これによって、照合順序が文字列比較順序と同じであること、つまり、strcoll()strcmp() が同一であることが示されます。

    詳細については、データの指定を参照して下さい。

  3. 引数なしで LC_COLLATE_end を呼び出し、ロケールブロックの定義を終了します。 詳細については、終了位置の指定を参照して下さい。

Example 2.5 に、LC_COLLATE データブロックを示します。

Example 2.5.  COLLATE ロケールの定義

        LC_COLLATE_begin iso88591_collate, "ISO8859-1"
        LC_COLLATE_table "0x00, 0x01, 0x02, 0x03, 0x04, 0x05, 0x06, 0x07"
        LC_COLLATE_table "0x08, 0x09, 0x0a, 0x0b, 0x0c, 0x0d, 0x0e, 0x0f"
        LC_COLLATE_table "0x10, 0x11, 0x12, 0x13, 0x14, 0x15, 0x16, 0x17"
        LC_COLLATE_table "0x18, 0x19, 0x1a, 0x1b, 0x1c, 0x1d, 0x1e, 0x1f"
        LC_COLLATE_table "0x20, 0x21, 0x22, 0x23, 0x24, 0x25, 0x26, 0x27"
        LC_COLLATE_table "0x28, 0x29, 0x2a, 0x2b, 0x2c, 0x2d, 0x2e, 0x2f"
        LC_COLLATE_table "0x30, 0x31, 0x32, 0x33, 0x34, 0x35, 0x36, 0x37"
        LC_COLLATE_table "0x38, 0x39, 0x3a, 0x3b, 0x3c, 0x3d, 0x3e, 0x3f"
        LC_COLLATE_table "0x40, 0x41, 0x49, 0x4a, 0x4c, 0x4d, 0x52, 0x53"
        LC_COLLATE_table "0x54, 0x55, 0x5a, 0x5b, 0x5c, 0x5d, 0x5e, 0x60"
        LC_COLLATE_table "0x67, 0x68, 0x69, 0x6a, 0x6b, 0x6c, 0x71, 0x72"
        LC_COLLATE_table "0x73, 0x74, 0x76, 0x79, 0x7a, 0x7b, 0x7c, 0x7d"
        LC_COLLATE_table "0x7e, 0x7f, 0x87, 0x88, 0x8a, 0x8b, 0x90, 0x91"
        LC_COLLATE_table "0x92, 0x93, 0x98, 0x99, 0x9a, 0x9b, 0x9c, 0x9e"
        LC_COLLATE_table "0xa5, 0xa6, 0xa7, 0xa8, 0xaa, 0xab, 0xb0, 0xb1"
        LC_COLLATE_table "0xb2, 0xb3, 0xb6, 0xb9, 0xba, 0xbb, 0xbc, 0xbd"
        LC_COLLATE_table "0xbe, 0xbf, 0xc0, 0xc1, 0xc2, 0xc3, 0xc4, 0xc5"
        LC_COLLATE_table "0xc6, 0xc7, 0xc8, 0xc9, 0xca, 0xcb, 0xcc, 0xcd"
        LC_COLLATE_table "0xce, 0xcf, 0xd0, 0xd1, 0xd2, 0xd3, 0xd4, 0xd5"
        LC_COLLATE_table "0xd6, 0xd7, 0xd8, 0xd9, 0xda, 0xdb, 0xdc, 0xdd"
        LC_COLLATE_table "0xde, 0xdf, 0xe0, 0xe1, 0xe2, 0xe3, 0xe4, 0xe5"
        LC_COLLATE_table "0xe6, 0xe7, 0xe8, 0xe9, 0xea, 0xeb, 0xec, 0xed"
        LC_COLLATE_table "0xee, 0xef, 0xf0, 0xf1, 0xf2, 0xf3, 0xf4, 0xf5"
        LC_COLLATE_table "0xf6, 0xf7, 0xf8, 0xf9, 0xfa, 0xfb, 0xfc, 0xfd"
        LC_COLLATE_table "0x42, 0x43, 0x44, 0x45, 0x46, 0x47, 0x48, 0x4b"
        LC_COLLATE_table "0x4e, 0x4f, 0x50, 0x51, 0x56, 0x57, 0x58, 0x59"
        LC_COLLATE_table "0x77, 0x5f, 0x61, 0x62, 0x63, 0x64, 0x65, 0xfe"
        LC_COLLATE_table "0x66, 0x6d, 0x6e, 0x6f, 0x70, 0x75, 0x78, 0xa9"
        LC_COLLATE_table "0x80, 0x81, 0x82, 0x83, 0x84, 0x85, 0x86, 0x89"
        LC_COLLATE_table "0x8c, 0x8d, 0x8e, 0x8f, 0x94, 0x95, 0x96, 0x97"
        LC_COLLATE_table "0xb7, 0x9d, 0x9f, 0xa0, 0xa1, 0xa2, 0xa3, 0xff"
        LC_COLLATE_table "0xa4, 0xac, 0xad, 0xae, 0xaf, 0xb4, 0xb8, 0xb5"
        LC_COLLATE_end
Copyright © 2007 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0349AJ
Non-Confidential