A.1. コマンドラインで ARM プロファイラを実行するためのシステムの設定

ARM プロファイラプラグインで解析レポート間を移動する方が簡単ですが、コマンドラインを使用してレポートを生成することもできます。 armprorep コマンドを使用すると、解析ファイルをマージしてテーブルレポートを生成し、シェル、あるいはタブ区切りまたは .csv ファイルへの出力として表示することができます。 こうすると、ファイルを開かずに複数のレポートを自動作成して比較することができます。

Copyright © 2007, 2008 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0414CJ
Non-Confidential