12.1. ARM プロファイラの Symbian OS カーネル拡張のビルド

プロファイリング機能を有効にして Symbian OS カーネルをビルドするには

  1. ホストコンピュータに Symbian ビルドシステムをインストールします。

  2. 通常のプロセスに従って Symbian OS をビルドします。 Symbian OS のビルドの詳細については、以下の場所にある「Symbian Developer Library」を参照して下さい。

    http://www.symbian.com/Developer
    
  3. \src\CEDAR\GENERIC\base\e32\drivers\armproske ディレクトリで、以下のコマンドを起動して必要なビルドファイルをビルドします。

    bldmake bldfiles ARMV6
    
  4. 以下のコマンドでカーネル拡張をビルドします。

    abld.bat -v build ARMV6
    
  5. \bin\TechView\epoc32\rom\ct1136\kernel.iby ディレクトリで、任意のテキストエディタで kernel.iby を開きます。 例:

    edit kernel.iby
    
  6. 最初のカーネル拡張の前に以下の 2 行を追加します。

    // Profiler Kernel Extension
    
    extension[VARID]=    \Epoc32\Release\##KMAIN##\##BUILD##\rvpke.dll            \Sys\Bin\armproske.dll
    

    Note

    ARM プロファイラ拡張を他の拡張の前に挿入することにより、ARM プロファイラは自己より後にロードされたいずれの拡張をも確実に認識することができます。

  7. 通常のプロセスに従って ROM をビルドします。

  8. Symbian OS イメージのビルド方法によっては、アプリケーションの前にイメージをロードするために .cmm スクリプトファイルを使用する必要がある場合があります。 スクリプトファイルの使用の詳細については、スクリプトの設定を参照して下さい。

Copyright © 2007, 2008 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0414CJ
Non-Confidential