7.4.1. ソースファイルの検索

現在の解析ファイルの作成に使用したソースファイルを移動していない場合、ARM プロファイラによりソースコードがソースビューに自動的に表示されます。 しかし、コンパイル時にソースファイルが同じディレクトリの場所に見つからない場合、ソースコードビューには何も表示されません。 ソースファイルの場所が不明の場合のソースコードビューをFigure 7.4 に示します。

Figure 7.4. 空のソースビュー

空のソースビュー

ソースビューにデータを表示するには、解析レポートの作成に使用したものと同一バージョンのソースファイルを見つける必要があります。 ソースビューのリンクをクリックすると、Figure 7.5 に示したようなファイルナビゲーションダイアログが開きます。

Figure 7.5. ソース検索ダイアログ

ソース検索ダイアログ

ソース検索ダイアログは、標準のファイルナビゲーションウィンドウで、オペレーティングシステムによって異なります。 ソースファイルを検索し、それを選択して[開く]ボタンをクリックします。 コードビューに戻ると、ソースセクションのソースコードどプロファイリングデータの列にデータが表示されています。

Copyright © 2007, 2008 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0414CJ
Non-Confidential