7.1. 概要

コードビューでは、関数を行ごとに解析し、コードのどの部分を最適化すればハードウェアと対話する方法を改善できるかを確認できます。 ソースコードをスキャンして、コードカバレッジ、実行カウント、および時間の面での各行のパフォーマンスを確認し、その後、逆アセンブリビューで期待されるパフォーマンスと比べた各命令のパフォーマンスを確認できます。

Copyright © 2007, 2008 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0414CJ
Non-Confidential