7.6.4. プログラムトレースビューのコンテキストメニューオプション

トレース収集を有効にすると、コンテキストメニューコマンドにも影響があります。 ソース、逆アセンブリ、およびトレースの 3 つのビューすべてで、ブレークポイントの設定と削除、命令のインスタンス間での順方向および逆方向のジャンプが可能になります。

Copyright © 2007, 2008 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0414CJ
Non-Confidential