4.8.1. [スクリプトをエクスポート]コマンドの使用

プロファイリングの有効化とコードの実行のために使用されるバッチファイルまたはシェルスクリプトを設定できるよう、ARM Workbench 内の RTSM 実行コンフィギュレーションウィンドウには、[スクリプトをエクスポート]ボタンが用意されています。 この機能を使用するには、次の手順に従います。

  1. [実行] → [Open Run Dialog...]を選択します。

  2. エクスプローラで RTSM 実行コンフィギュレーションを選択します。

  3. [スクリプトをエクスポート]ボタンをクリックします。

ARM プロファイラを Windows で実行している場合は、プロファイリングされた実行を行うための適切なコマンドが含まれたApplicationName.bat ファイルが生成されます。 xvid の例では、次のような出力が生成されます。

@echo off

REM Automatically generated on 8/6/08 2:34 PM
set ARM_PROFILER_TOOLS=C:\Program Files\ARM\Profiler\tools\2.0.0.200808191200
pushd C:\workspace\xvid
"%ARM_PROFILER_TOOLS%\tools\rtsm\win32\model_shell.exe" -m
"%ARM_PROFILER_TOOLS%\tools\rtsm\win32\RTSMEmulationBaseboard_CT1136.dll" -a
coretile.core=xvid.axf --timelimit 2147483 -C 
coretile.core.profiler-enable=1 -C
coretile.core.profiler-output_file=@F_@N.apa -C coretile.core.vfp-enable_at_reset=1 -C
coretile.core.semihosting-heap_base=0x00000000 -C 
coretile.core.semihosting-heap_limit=0x0f000000 -C
coretile.core.semihosting-stack_base=0x10000000 
popd

Red Hat Linux では、次のようなシェルスクリプトがバッチファイルの代わりに生成されます。

#!/bin/sh

# Automatically generated on 8/6/08 10:31 AM

export ARM_PROFILER_TOOLS="/home/ARM/Profiler/tools/2.0.0.200808191200"
cd tools/ARM/Profiler/Contents/2.0/0/examples/xvid
LD_LIBRARY_PATH=/home/ARM/Profiler/tools/2.0.0.200808191200/rtsm/linux $ARM_PROFLIER_TOOLS/rtsm/linux/model_shell -m
$ARM_PROFILER_TOOLS/rtsm/linux/RTSMEmulationBaseboard_CT1136.so -a
coretile.core=xvid.axf --timelimit 2147483 -C 
coretile.core.profiler-enable=1 -C
coretile.core.profiler-output_file=@F_@N.apa -C coretile.core.vfp-enable_at_reset=1 -C
coretile.core.semihosting-heap_base=0x00000000 -C 
coretile.core.semihosting-heap_limit=0x0f000000 -C
coretile.core.semihosting-stack_base=0x10000000 

独自のビルドシステムでエクスポートスクリプトによって作成されたコマンドの一部または全部を使用すると、コードのプロファイリングをプロセスの一部としてシームレスに統合できます。

Copyright © 2007, 2008 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0414CJ
Non-Confidential