1.1. ARM プロファイラについて

ARM プロファイラを使用すると、コードがターゲットシステム上で実行される様子を確認することができます。具体的には、RealView ICE および RealView Trace 2 を使用してターゲットハードウェア上でのコードを観察するか、またはリアルタイムシステムモデル(RTSM)でコードをテストします。 ARM プロファイラは、実行中のコードの観察を終了すると、解析ファイルを生成します。このファイルによって以下のような詳細なフィードバックを得ることができます。

Copyright © 2007, 2008 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0414CJ
Non-Confidential