5.4.4. ライブアップデートの棒グラフおよび円グラフ

ライブアップデートのコードカバレッジおよび棒グラフは、アナライシスサマリーにおいて対応するものと同じ機能を果たします。 コードカバレッジ円グラフでは、使用されたコードおよび未使用のコードが、命令別および関数別に分類されます。一方、上位 5 つを示す図では、上位 5 つの関数がセルフタイム別とメモリアクセス別に提示されます。

Figure 5.9. ライブアップデートの棒グラフおよび円グラフ

ライブアップデートの棒グラフおよび円グラフ

[ライブアップデート]パネルには累積数以外に、最も時間を消費する関数および現在メモリの大部分にアクセスしている関数も表示されます。 左側の 2 つの棒グラフには累積値が表示されます。右側の棒グラフには現在の 1 秒間の値が表示されます。

Copyright © 2007, 2008 ARM Limited. All rights reserved.ARM DUI 0414CJ
Non-Confidential