2.7 ビルド済みの FVP で VFS を使用するためのパス名

EB FVP の VFS 機能を使用するには、モデルの起動時に baseboard.vfs2.mount コンフィギュレーションパラメータを設定します。

パラメータを設定して、モデルがアクセスするホストファイルシステムディレクトリのパスを固定します。すべてのパス名は、次の完全修飾パスでなければなりません。
mountpoint:/path/to/object
付属の EB FVP には必要な VFS コンポーネントが含まれています。
関連する参考文書
2.6 仮想ファイルシステム
関連情報
Fast Models リファレンスマニュアル
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0424OJ
Copyright © 2008-2010, 2012-2015 ARM.All rights reserved.