アプリケーションのステップ実行

デバッガでは、ソースレベルまたは命令レベルでアプリケーションを順番にステップ実行することにより、イメージの実行を細かく制御することができます。

Note

ソースレベルのステップ実行のためのコマンドを使用するには、デバッグ情報を使用してコードをコンパイルする必要があります。デフォルトでデバッグ情報を持たない関数に対するソースレベルの呼び出しはステップオーバーされます。このデフォルト設定を変更するには、set step-mode コマンドを使用します。

アプリケーションをステップ実行する方法はいくつかあります。選択できるステップ実行は以下のとおりです。

ソースレベルでステップ実行する場合は、デバッガが一時的なブレークポイントを使用して特定の場所で実行を停止することに注意する必要があます。これらの一時的なブレークポイントには、ハードウェアブレークポイントを使用することが必要となる場合があります。このことは、ROM たはフラッシュに格納されたコードをステップ実行する場合は特に当てはまります。使用可能なハードウェアブレークポイントリソースが不足ている場合は、デバッガによってエラーメッセージが表示されます。

[Debug Control]ビューのステップ実行ツールバーを使用すると、ソース行単位または命令単位でアプリケーションをステップ実行できます。

Figure 13. [Debug Control]ビュー

[Debug Control]ビュー

指定した回数ステップ実行するには、コマンドビューを使用して、回数を表す数値を指定して、ステップ実行コマンドのいずれかを手動で実行す必要があります。以下に例を示します。

steps 5                            # 5 つのソースステートメントを実行
stepi 5                            # 5 つの命令を実行

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0446FJ
Non-ConfidentialID111611