[Scripts]ビュー

このビューには、お気に入りスクリプトが含まれています。複数のお気に入りスクリプトを実行、編集、または削除できます。[History]ビューのコマンドを保存した場合は、スクリプトをこのビューに追加できます。

複数の選択がビューに一覧表示された順に実行されます。順序を変更するには、スクリプトをビューから削除して、希望する順序でインポートします。

Figure 45. [Scripts]ビュー

[Scripts]ビュー

Note

このビューのデフォルト設定は、[Preferences]ダイアログボックスの DS-5 デバッガ設定によって制御されます(スクリプトファイルのデフォルト場所など)。これらの設定にアクセスするには、[Window]メニューの[Preferences...]を選択します。

Show/hideツールバーとコンテキストメニューのオプション

ツールバーまたはコンテキストメニューには、以下のオプションが用意されています。

[Creates a new script]

新しい空のスクリプトを作成します。作成した後にスクリプトの内容を指定するには、スクリプトを選択して[Edit Selected Script]をクリックします。

[Execute Selected Scripts]

選択したスクリプトを実行します。複数のスクリプトを選択した場合、デバッガは[Scripts]ビューに一覧表示されている順にスクリプトを実行します。

[Edit Selected Scripts]

選択したスクリプトを編集できます。スクリプトは C/C++ エディタで開かれます。

[Delete Selected Scripts]

選択したスクリプトをお気に入りリストから削除します。また、スクリプトをファイルシステムから削除しようとします。

[Import Script...]

スクリプトファイルをインポートしてお気に入りリストに追加します。

[Cut]

選択したスクリプトファイル名をコピーして削除します。また、スクリプトをファイルシステムから削除しようとします。

[Copy]

選択したスクリプトをコピーします。

[Paste]

以前に切り取ったまたはコピーしたスクリプトファイル名を貼り付けます。

ファイルを切り取り操作の一部としてファイルシステムから削除した場合、ファイルの内容は復元されません。ファイルを編集して新しいコマンを追加する必要があります。

ファイルを切り取り操作の一部として削除しなかった場合、デバッガはファイル名をファイルシステムのファイルにリンクします。

[Delete]

選択したスクリプトをお気に入りリストから削除します。また、スクリプトをファイルシステムから削除しようとします。

[Select All]

すべてのスクリプトファイルを選択します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0446FJ
Non-ConfidentialID111611