[Manage Signals]ダイアログボックス

このダイアログボックスでは、1 つ以上のシグナルまたはプロセッサ例外に関するハンドラ(ベクタキャッチ)設定を制御できます。信号(外部込み)またはプロセッサ例外が発生した場合、実行の停止、メッセージの出力、またはその両方を行うように選択できます。デフォルトでは、すべての信号に対して[停止][出力]が選択されます。

Note

デバッガは、gdbserver を使用してリモートターゲット上で動作するアプリケーションに接続されている場合は Unix シグナルを処理しますが、オペーティングシステムがないベアメタルターゲット上ではプロセッサ例外を処理します。

Figure 52. シグナルハンドラ設定の管理

シグナルハンドラ設定の管理

Figure 53. 例外ハンドラ設定の管理

例外ハンドラ設定の管理

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0446FJ
Non-ConfidentialID111611