DS-5 デバッガメニューとツールバーアイコン

以下の表では、DS-5 デバッガで最もよく使用されるメニューとツールバーアイコンを説明します。以下の表に記載されていないアイコン、マークボタンなどについては、ヘルプの目次から標準の「Workbench User Guide」または「C/C++ Development User Guide」を参照してください。

ツールバーのアイコン上にマウスのポインタを置いてそのまま数秒クリックしないでいると、そのアイコンの用途の説明がヒントとして表示されます。

Show/hideDS-5 デバッガのアイコン

Table 3. DS-5 デバッガのアイコン 

アイコン説明アイコン説明
ターゲットに接続します。
ターゲットに接続した状態です。
ターゲットから切断します。
接続を削除します。
アプリケーションを起動してメインまで実行します。
アプリケーションを起動してエントリポイントまで実行します。
エントリポイントからアプリケーションを実行します。
アプリケーションを再起動します。
アプリケーションの実行を継続します。
アプリケーションを停止します。
ステップ実行します。
ステップオーバーします。
ステップアウトします。
ステップ実行モードを切り替えます。
スタックトレースの設定をすべて折りたたみます。
コールスタック
スレッド
プロセス
カーネルモジュール
新しい RSE 接続を定義します。
RSE リソースツリーを更新します。
ビューの内容をファイルに保存します。
ビューの内容をクリアします。
[History]ビューに切り替えます。
ビューの内容を同期化します。
スクロールロックを切り替えます。
スクリプトファイルからコマンドを実行します。
コマンドをスクリプトファイルにエクスポートします。
選択したブレークポイント、ウォッチポイント、または式(ビュー依存)を削除します。
すべてのブレークポイント、ウォッチポイント、または式(ビュー依存)を削除します。
ソースファイル内のブレークポイントの位置を表示します。
すべてのブレークポイントおよびウォッチポイントを非アクティブ化します。
ファイルからインポートします。
ファイルにエクスポートします。
新しいスクリプトファイルを作成するか、新しい式(ビュー依存)を追加します。
選択したスクリプトファイルを実行します。
選択したファイルを開いて編集します。
選択したファイルを削除します。
表示幅を設定します。
表示形式を設定します。
ASCII 文字の表示を切り替えます。
フリーズモードを切り替えます。
[Screen]ビューパラメータを編集します。
新しい[Screen]ビューを追加します。
新しい[Disassembly]ビューを追加します。
新しい[Variables]ビューを追加します。
新しい[Registers]ビューを追加します。
新しい[Memory]ビューを追加します。
新しい[Expressions]ビューを追加します。
新しい[Trace]ビューを追加します。
進行中のビューのアップデート
トレースのマークを切り替えます。
次の一致を表示します。
前の一致を表示します。
関数トレースを表示します。
命令トレースを表示します。
ビューを切り替えます。
ナビゲーションの解像度を切り替えます。

Show/hideパースペクティブアイコン

Table 4. パースペクティブアイコン 

アイコン説明アイコン説明

新しいパースペクティブを開きます。

C/C++
DS-5 デバッグ
ファーストビューバー

Show/hideビューアイコン

Table 5. ビューアイコン 

ボタン説明ボタン説明
ドロップダウンメニューを表示します。
ビューの内容を同期化します。
ビューを最小化します。
ビューを最大化します。
ビューを元のサイズに戻します。
ビューを閉じます。

Show/hideビューのマーク

Table 6. ビューのマーク 

アイコン説明アイコン説明
イネーブルされたソフトウェアブレークポイント
イネーブルされたハードウェアブレークポイント
イネーブルされたアクセスウォッチポイント
イネーブルされた読み出しウォッチポイント
イネーブルされた書き込みウォッチポイント
ディセーブルされたソフトウェアブレークポイント
ディセーブルされたハードウェアブレークポイント
ディセーブルされたアクセスウォッチポイント
ディセーブルされた読み出しウォッチポイント
ディセーブルされた書き込みウォッチポイント
保留中のソフトウェアブレークポイント
保留中のハードウェアブレークポイント
保留中のアクセスウォッチポイント
保留中の読み出しウォッチポイント
保留中の書き込みウォッチポイント
接続されていないソフトウェアブレークポイント
接続されていないハードウェアブレークポイント
接続されていないアクセスウォッチポイント
接続されていない読み出しウォッチポイント
接続されていない書き込みウォッチポイント
イネーブルされた複数のステートメントのソフトウェアブレークポイント
ディセーブルされた複数のステートメントのソフトウェアブレークポイント
エラー
現在の位置
警告
ブックマーク
情報
タスク
検索結果  

Show/hideその他のアイコン

Table 7. その他のアイコン 

アイコン説明アイコン説明
新しいリソースを作成するためのウィザードを開きます。
新しいプロジェクトを作成するためのウィザードを開きます。
新しいフォルダを作成するためのウィザードを開きます。
新しいファイルを作成するためのウィザードを開きます。
検索のためのダイアログボックスを開きます。
コンテキストヘルプを表示します。
インポートするためのウィザードを開きます。
エクスポートするためのウィザードを開きます。

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0446FJ
Non-ConfidentialID111611