[Debug Configurations] - [Debugger]タブ

[Debug Configurations]ダイアログボックスの[Debugger]タブでは、ターゲットに接続した後にデバッガで行うアクションを指定することができます。

[Run Control]

以下のオプションを使用すると、接続するときにターゲットの実行状態を定義できます。

[Connect only]

ターゲットに接続しますが、アプリケーションは実行されません。

Note

PC レジスタは設定されていません。接続が確立されると、保留中のブレークポイントまたはウォッチポイントは後で無効になります。

[Debug from entry point]

接続が確立されたときにアプリケーションを実行して、イメージのエントリポイントで停止します。

[Debug from symbol]

接続が確立されたときにアプリケーションを実行して、指定したシンボルのアドレスで停止します。デバッガはシンボルを解決する必要があります。C または C++ 関数名を指定する場合は、接尾文字 () を使用しないでください。

シンボルが解決できた場合、シンボルのアドレスで実行を停止します。

シンボルを解決できないと、シンボルが見つからないことを警告するメッセージが[Commands]ビューに表示されます。次に、デバッガはイメージエントリポイントで停止しようとします。

[Run target initialization debugger script (.ds)]

このオプションを選択すると、デバッガのコマンドが含まれているターゲット初期化スクリプトファイルを接続直後に実行できます。 ファイルを選択するには、以下のいずれかを行います。

  • 表示されるフィールドに場所およびファイル名を入力します。

  • [File System...]をクリックして、ワークスペースの外部にあるディレクトリのファイルを選択します。

  • [Workspace...]をクリックして、ワークスペース内のプロジェクトディレクトリまたはサブディレクトリのファイルを選択します。

[Run debug initialization debugger script (.ds)]

このオプションを選択すると、デバッガコマンドが含まれているデバッグ初期化ファイルを、ターゲット初期化スクリプトファイルの実行後、ま選択した場合はイメージエントリポイントまたはシンボルまで実行した後で実行できます。 ファイルを選択するには、以下のいずれかを行います。

  • 表示されるフィールドに場所およびファイル名を入力します。

  • [File System...]をクリックして、ワークスペースの外部にあるディレクトリのファイルを選択します。

  • [Workspace...]をクリックして、ワークスペース内のプロジェクトディレクトリまたはサブディレクトリのファイルを選択します。

    Note

    run または continue コマンドの前に wait コマンドを挿入して、デバッガを接続し、アプリケーションを指定した関数まで実行できるようにする必要があります。

[Execute debugger commands]

初期化スクリプトの完了時に実行される特定のデバッガコマンドを自動的に実行する場合は、表示されるフィールドにデバッガコマンドを入力します。1 行につき、1 つのデバッガコマンドのみを指定する必要があります。

[Host working directory]

デバッガは、Eclipse ワークスペースをホスト上のデフォルトの作業ディレクトリとして使用します。デバッグするアプリケーションのデフォルト定を変更するには、[Use default]チェックボックスの選択を解除して、以下の操作を行います。

  • 表示されるフィールドに場所を入力します。

  • [File System...]をクリックして、外部ディレクトリを検索します。

  • [Workspace...]をクリックして、プロジェクトディレクトリを検索します。

[Paths]

デバッガがソースコードを表示するときに使用するホスト上の検索パスを変更できます。

[Source search directory]

ソースファイルを検索するディレクトリを以下のいずれかの方法で指定します。

  • 表示されるフィールドに場所およびファイル名を入力します。

  • [File System...]をクリックして、ワークスペースの外部の場所のディレクトリを検索します。

  • [Workspace...]をクリックして、ワークスペース内のディレクトリを検索します。

[Shared library search directory]

共有ライブラリで検索するディレクトリを以下のいずれかの方法で指定します。

  • 表示されるフィールドに場所を入力します。

  • [File System...]をクリックして、ワークスペースの外部の場所のディレクトリを検索します。

  • [Workspace...]をクリックして、ワークスペース内のディレクトリを検索します。

[Remove this resource from the list]

コンフィギュレーション設定から検索パスを削除するには、削除するリソースの横にあるこのボタンをクリックします。

[Add a new resource to the list]

新しい検索パスをコンフィギュレーション設定に追加するには、このボタンをクリックした上で、必要に応じてオプションを設定します。

[Apply]

現在のコンフィギュレーションを保存します。これはターゲットに接続されません。

[Revert]

変更を元に戻して、最後に保存したコンフィギュレーションに戻します。

[Debug]

ターゲットに接続して、[Debug Configurations]ダイアログボックスを閉じます。

[Close]

[Debug Configurations]ダイアログボックスを閉じます。

Figure 56. 開始位置および検索パスを設定するデバッガコンフィギュレーション

開始位置および検索パスを設定するデバッガコンフィギュレーション

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0446FJ
Non-ConfidentialID111611