実行ブレークポイントの設定

デバッガを使用すると、ターゲットメモリのタイプに応じて、ソフトウェアブレークポイントまたはハードウェアブレークポイントを設定できます。 ソフトウェアブレークポイントは、デバッガによって実装され、ブレークポイントアドレスにある命令を特殊な命令オペコードで置き換えます。 デバッガにはアプリケーションメモリへの書き込みアクセス権が必要なため、ソフトウェアブレークポイントは RAM でしか設定できません。ハ ードウェアブレークポイントは、プロセッサのアドレスバスとデータバスを監視する、EmbeddedICE® ロジックによって実装されます。 シミュレートされたターゲットの場合、ハードウェアブレークポイントはシミュレータソフトウェアによって実装されます。

実行ブレークポイントを設定するには、C/C++ エディタの左側のマーカバーをダブルクリックするか、逆アセンブリビュー内のブレークポイントを定する位置でダブルクリックします。 ブレークポイントを削除するには、ブレークポイントマーカをダブルクリックします。

以下の図に、C/C++ エディタおよび逆アセンブリビューにおけるブレークポイントの例を示します。 これらのブレークポイントは、[Breakpoints]ビューにも表示されます。

Figure 7. 実行ブレークポイントの設定

実行ブレークポイントの設定

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0446IJ
Non-ConfidentialID051512