DS-5 デバッガスクリプトの作成

スクリプトファイルには、1 行につき 1 つのコマンドのみを含める必要があります。 必要に応じて、各コマンドをコメントで識別することもできます。 スクリプトの種類を区別するため、.ds ファイル拡張子を使用する必要があります。

Example 7. DS-5 デバッガスクリプト

# ファイル名: myScript.ds

# 初期化コマンド
load "struct_array.axf"       # イメージのロード
file "struct_array.axf"       # シンボルのロード

break main                    # main() にブレークポイントを設定
break *0x814C                 # アドレス 0x814C にブレークポイントを設定

# ブレークポイントまで実行し必要な値を出力
run                           # 実行中のデバイスを開始
wait 0.5s                     # 待機するか 0.5 秒後にタイムアウト
info stack                    # コールスタックを表示
info registers                # すべてのレジスタの情報を表示

# 次のブレークポイントまで続行し、必要な値を出力
continue                      # 実行中のデバイスを続行
wait 0.5s                     # 待機するか 0.5 秒後にタイムアウト
info functions                # すべての関数の情報を表示
info registers                # すべてのレジスタの情報を表示
x/3wx 0x8000                  # 0x8000(hex)から 3 ワード分のメモリを表示

...

# シャットダウンコマンド
delete 1                      # 番号 1 に割り当てられたブレークポイントを削除
delete 2                      # 番号 2 に割り当てられたブレークポイントを削除

Show/hide関連項目

タスク
参照
Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0446IJ
Non-ConfidentialID051512