CMM スタイルのスクリプトの作成

スクリプトファイルには、1 行につき 1 つのコマンドのみを含める必要があります。 必要に応じて、各コマンドをコメントで識別することもできます。 スクリプトの種類を区別するため、.cmm または .t32 ファイル拡張子を使用する必要があります。

Example 9. CMM 形式のスクリプト

// ファイル名: myScript.cmm

system.up                     ; ターゲットおよびデバイスに接続
data.load.elf "hello.axf"     ; イメージおよびシンボルをロード

// ブレークポイントおよびレジスタの設定
break.set main /disable       ; ブレークポイントを設定し、すぐに無効
break.set 0x8048              ; 指定のアドレスでブレークポイントを設定
break.set 0x8060              ; 指定のアドレスでブレークポイントを設定
register.set R0 15            ; レジスタ R0 を設定
register.set PC main          ; PC レジスタをシンボルアドレスに設定

...

break.enable main             ; 指定のシンボルでブレークポイントを有効化

// ブレークポイントまで実行し、必要な値を表示
go                            ; デバイスを実行開始
var.print "Value is: " myVar  ; 文字列および変数値を表示
print %h r(R0)                ; レジスタ R0 を 16 進数で表示

// ブレークポイントまで実行しスタックを出力
go                            ; 次のブレークポイントまで実行
var.frame /locals /caller     ; すべての変数と関数の呼び出し元を表示

...

// シャットダウンコマンド
break.delete main             ; main() のアドレスにあるブレークポイントを削除
break.delete 0x8048           ; アドレスのブレークポイントを削除
break.delete 0x8060           ; 指定のアドレスのブレークポイントを削除
system.down                   ; ターゲットから切断

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0446IJ
Non-ConfidentialID051512