スナップショットビューアのデバッガスクリプト作成時の注意事項

スナップショットビューアは、元のシステムの状態をエミュレートする初期化ファイルを使用します。 シンボルは、/nocode /noreg 引数を指定した data.load.elf コマンドを使用してイメージからロードされます。

スナップショットデータおよびレジスタは読み出し専用なので、使用できるコマンドは限定されます。

以下の例は、CMM 形式のコマンドを使用して、types_m3.axf イメージの内容を解析するスクリプトを示しています。

Example 15. CMM 形式のスクリプトファイル

var.print "Connect and load symbols:"
system.up
data.load.elf "types_m3.axf"  /nocode /noreg

;配列と配列のポインタ
var.print ""
var.print "Arrays and pointers to arrays:"
var.print "Value of i_array[9999] is " i_array[9999]
var.print "Value of *(i_array+9999) is " *(i_array+9999)
var.print "Value of d_array[1][5] is " d_array[1][5]
var.print "Values of *((*d_array)+9) is " *((*d_array)+9)
var.print "Values of *((*d_array)) is " *((*d_array))
var.print "Value of &d_array[5][5] is " &d_array[5][5]

;レジスタ PC 内のアドレスから 0x100 バイトを表示
var.print ""
var.print "Display 0x100 bytes from address in register PC:"
data.dump r(PC)++0x100

;構造とビットフィールド
var.print ""
var.print "Structures and bit-fields:"
var.print "Value of values2.no is " values2.no
var.print "Value of ptr_values->no is " ptr_values->no
var.print "Value of values2.name is " values2.name
var.print "Value of ptr_values->name is " ptr_values->name
var.print "Value of values2.name[0] is " values2.name[0]
var.print "Value of (*ptr_values).name is " (*ptr_values).name
var.print "Value of values2.f1 is " values2.f1
var.print "Value of values2.f2 is " values2.f2
var.print "Value of ptr_values->f1 is " ptr_values->f1

var.print ""
var.print "Disconnect:"
system.down

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0446IJ
Non-ConfidentialID051512