[Export trace report]ダイアログボックス

このダイアログボックスでは、トレースレポートを作成できます。

[Select source for trace report]

以下の必要なトレースデータを選択します。

[Use trace view as report source]

[Trace]ビューに現在表示されている命令。

[Use trace buffer as report source]

トレースバッファに現在含まれている未加工トレースデータ。

Note

範囲を指定するときは、範囲が十分に広いことを確認します。確認しないと、トレース出力を生成できない可能性があります。 これは、バッファ内の未加工のトレースはパック形式だからです。

[Report Format]

レポートは以下のもので構成されています。

[Output Format]

出力形式を選択します。

[Include column headers]

レポートの 1 行目に列ヘッダを追加できます。

[Select columns to export]

レポートのトレースデータをフィルタできます。

[Save as]

レポートの場所およびファイル名を入力します。

[Browse]

ファイルシステムのレポートの場所を選択します。

Figure 53. [Export trace report]ダイアログボックス

[Export trace report]ダイアログボックス

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0446IJ
Non-ConfidentialID051512