スナップショットビューアへの接続

スナップショットビューアには、デバッガを使用して既知のシステム状態のスナップショットの解析のために使用する仮想ターゲットが用意されいます。

Show/hide前提条件

接続する前に、ある時間の特定時点でのターゲットに関する静的情報が記載されたスナップショットビューアの初期化ファイルが準備されているとを確認してください。 例えば、レジスタの内容、メモリ、プロセッサ状態などです。

Show/hide手順

--target コマンドラインオプションを使用してコマンドラインコンソールでデバッガを起動し、スナップショットビューアの初期化ファイルをデバッガに渡します。 :

debugger --target=int.ini --script=int.cmm

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0446IJ
Non-ConfidentialID051512