RVC ファイルからの DS-5 の新しいプラットフォームコンフィギュレーションの作成

デバッグハードウェアコンフィギュレーションユーティリティを使用して、ターゲットに接続し、コンフィギュレーションファイル(.rvc)に情報を保存できます。 その結果のコンフィギュレーションファイルは、DS-5 コンフィギュレーションデータベースへの移植に使用できるプラトフォームのデバッグとトレースサポートについては、機能が限定されます。

RVC ファイルからインポートするには、以下の操作を行います。

  1. コマンドラインコンソールを起動します。

    • Windows の場合、[スタート] → [すべてのプログラム] → [DS-5 Command Prompt]を選択します。

    • Linux の場合:

      1. install_directory/bin ディレクトリを PATH 環境変数に追加します。 既に設定されている場合は、この手順を省略します。

      2. Unix bash シェルを開きます。

  2. ターゲット接続用のコンフィギュレーションファイルを作成します。

  3. コマンドラインに必要なオプションを付けて、コンフィギュレーションデータベースインポートユーティリティ、cdbimporter を起動します。

  4. 正常に終了するまで、コマンドプロンプトに従います。

  5. Eclipse を起動します。

    1. [Window]メニューから[Preferences]を選択します。

    2. [DS-5]設定グループを展開します。

    3. [Target Database]を選択します。

    4. [追加…]をクリックして、新しいターゲットデータベースの場所を特定します。

    5. ディレクトリ全体を選択します。

    6. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

    7. コンフィギュレーションデータベースパネルの[設定]で、新しいターゲットデータベースを選択します。

    8. リストの終わりの方まで続けてクリックしていき、新しいデータベースに移動します。

    9. [データベースの再ビルド…]をクリックします。

    10. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じ、設定を保存します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0446IJ
Non-ConfidentialID051512