1.1 DS-5デバッガ について

DS-5デバッガ は、 ARM® プロセッサベースのターゲットおよび 固定仮想プラットフォームFVP ターゲットの全ソフトウェア開発工程をサポートしているグラフィカルデバッガです。.

DS-5デバッガ を使用することで、開発プロセス全体でソフトウェアバグの根本にたどりつくための実行のフローを完全に制御することができます。同期化されたソースと逆アセンブリ、コールスタック、メモリ、レジスタ、式、変数、スレッド、ブレークポイント、およびトレースを含む、包括的で直感的なビューで、ベアメタル、Linux、および Android アプリケーションのデバッグを容易にします。
以下の機能が用意されています。
デバッガは、Eclipse 統合開発環境 (IDE) で実行できる包括的な DS-5デバッガ コマンドのセット、スクリプトファイル、またはコマンドラインコンソールをサポートしています。
さらに、ターゲットの初期化スクリプトを実行するのに十分な CMM 形式のコマンドが多少用意されています。CMM は一部のサードパーティ製デバッガによってサポートされているスクリプト言語です。CMM 形式のコマンドを実行するには、CMM 形式のコマンドを含むデバッガスクリプトファイルを作成して、DS-5デバッガ source コマンドを使用してスクリプトを実行する必要があります。
使用を開始する上で役立つチュートリアルがいくつかあり、DS-5 ツールを使用してアプリケーションを実行およびデバッグする方法をわかりやすく説明しています。
関連する参考文書
2.1 ターゲット接続の種類
1.2 デバッガの概念
関連情報
ARM DS-5 チュートリアル
DS-5 デバッガコマンド
デバッガによってサポートされている CMM 形式のコマンド
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446VJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.