2.1 ターゲット接続の種類

DS-5 を使用してアプリケーションをデバッグするには、デバッガを実行するホストワークステーションとターゲット間の接続を設定する必要があります。

デバッガによってサポートされる接続には以下の種類があります。
Linux アプリケーション
Linux アプリケーションをデバッグするには、以下への TCP 接続またはシリアル接続を使用できます。
  • ARM 組み込み Linux をブートするよう事前設定されているモデルで実行されている gdbserver
  • ハードウェアターゲットで実行されている gdbserver
  • ハードウェアターゲットで実行されているアプリケーション巻き戻しサーバ。
このタイプの開発には、gdbserver またはアプリケーション巻き戻しサーバをインストールしてターゲット上で実行する必要があります。

  • gdbserver がターゲットにインストールされていない場合は、Linux ディストリビューションのマニュアルを参照するか、またはプロバイダにお問い合わせ下さい。あるいは、 install_directory/arm にある DS-5 インストールから gdbserver を使用することもできます。
  • アプリケーションのリワインドサーバファイルの undodb-server は、install_directory\arm\undodb\linux フォルダにあります。
ベアメタルと Linux カーネル
ベアメタルターゲット、Linux カーネル、またはカーネルデバイスドライバ上で実行されているアプリケーションをデバッグするには、以下を使用できます。
  • ホストワークステーションとターゲットに接続されているデバッグハードウェアアダプタ。
  • デバッガとモデルの間の CADI に準拠した接続。
スナップショットビューア
スナップショットビューアを使用すると、前にキャプチャした状態を使用して、アプリケーションの読み出し専用表示でデバッグできるようになります。

現在、DS-5 では、コマンドラインコンソールを使用した DS-5デバッガのスナップショットビューアへの接続のみサポートしています。
関連する概念
9.1 スナップショットビューアについて
6.13 アプリケーションの巻き戻しについて
関連する作業
2.7.1 既存のアプリケーションとアプリケーション巻き戻しセッションへの接続
2.7.2 ターゲットシステムでのアプリケーションとアプリケーション巻き戻しサーバのダウンロード
2.7.3 アプリケーション巻き戻しサーバの起動およびターゲット常駐アプリケーションのデバッグ
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446VJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.