7.5 ログメッセージの出力の制御

デバッガからのログメッセージを制御できます。

デフォルトでは、すべてのメッセージが[アプリケーションコンソール]ビューに出力されますが、以下の log config および log file デバッガコマンドを使用することで、ログメッセージの出力および転送を制御できます。
log config=option
デバッガから実行時メッセージを出力するログコンフィギュレーションのタイプを指定します。
各パラメータには以下の意味があります。
option
定義済みのログコンフィギュレーションまたはユーザ定義のログコンフィギュレーションファイルを指定します。
info
定義済みの INFO レベル設定を使用する出力メッセージ。これがデフォルトです。
debug
定義済みの DEBUG レベル設定を使用する出力メッセージ。
filename
メッセージの出力をカスタマイズするユーザ定義のログコンフィギュレーションファイルを指定します。デバッガは log4j コンフィギュレーションファイルをサポートします。
log file=filename
コンソールだけでなく、ファイルへメッセージを出力。
関連する概念
7.6 log4j コンフィギュレーションファイルについて
関連する作業
7.7 デバッガからのログメッセージの出力のカスタマイズ
関連情報
Apache ログサービスの Log4j
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446VJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.