14.6.3 オプション名と階層

すべてのオプションはオプション階層の一部です。開始位置レベルから始まる TabSet オブジェクトには、通常「options」という名前が付けられます。次に、この開始位置レベルから childOptions パスに他のすべてのオプションが作成されます。オプションの「名前パス」は、開始位置レベルと対象のオプションの間の階層のすべての内部名(表示名ではない)から構成され、「.」文字で結合されています。例えば、前述のコードサンプルでは、現在選択されているトレースキャプチャデバイスを示すオプションは、名前パス「options.traceBuffer.traceCaptureDevice」を持っています。「.」で結合されたこの名前パスのコンポーネントは次のとおりです。
options
開始位置の TabSet の内部名。
traceBuffer
トレースバッファタブページオブジェクトの子オプションの内部名。
traceCaptureDevice
現在選択されているトレースキャプチャデバイスの EnumOption の内部名。
完全パス名が重要であることには、少なくとも以下の 3 つの理由があります。

完全パスのオプション名では、大文字と小文字を区別します。
使用可能な DTSL オプションとその現在の値のリストを示す、show dtsl-options コマンドのサンプル出力を以下に示します。
Command: show dtsl-options
dtsl-options options.ETM.cortexM3coreTraceEnabled:                      value is "true"
dtsl-options options.ITM.itmTraceEnabled:                               value is "true"
dtsl-options options.ITM.itmTraceEnabled.itmowner:                      value is "Target"
                                                                          (read only)
dtsl-options options.ITM.itmTraceEnabled.itmowner.debugger.DWTENA:            value is "true"
dtsl-options options.ITM.itmTraceEnabled.itmowner.debugger.PRIVMASK.[15:8]:   value is "true"
dtsl-options options.ITM.itmTraceEnabled.itmowner.debugger.PRIVMASK.[23:16]:  value is "true"
dtsl-options options.ITM.itmTraceEnabled.itmowner.debugger.PRIVMASK.[31:24]:  value is "true"
dtsl-options options.ITM.itmTraceEnabled.itmowner.debugger.PRIVMASK.[7:0]:    value is "true"
dtsl-options options.ITM.itmTraceEnabled.itmowner.debugger.STIMENA:     value is "0xFFFFFFFF"
dtsl-options options.ITM.itmTraceEnabled.itmowner.debugger.TSENA:             value is "true"
dtsl-options options.ITM.itmTraceEnabled.itmowner.debugger.TSPrescale:        value is "none"
dtsl-options options.ITM.itmTraceEnabled.itmowner.target.targetITMATBID:value is "2"
                                                                          (read only)
dtsl-options options.traceBuffer.clearTraceOnConnect:                   value is "true"
                                                                          (read only)
dtsl-options options.traceBuffer.startTraceOnConnect:                   value is "true"
                                                                          (read only)
dtsl-options options.traceBuffer.traceCaptureDevice:                    value is "DSTREAM"
                                                                          (read only)
dtsl-options options.traceBuffer.traceWrapMode:                         value is "wrap"
                                                                          (read only)
dtsl-options options.ucProbe.ucProbeEnabled:                            value is "false"
dtsl-options options.ucProbe.ucProbeEnabled.PORT:                       value is "9930"
                                                                          (read only)
読み出し専用ではないオプションの現在の値を変更する、set dtsl-options コマンドのサンプルを以下に示します。
Command: set dtsl-options options.ITM.itmTraceEnabled false
DTSL Configuration Option "options.ITM.itmTraceEnabled" set to false
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446VJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.