14.7.3 ソフトウェア同期

これは、最も低いレベルまたはクオリティの同期です。「ソフトウェア」はホストデバッガコンピュータで動作する DTSL ソフトウェアを指します。このレベルでは、同期は以下の形式です。
同期開始
各デバイスで順に go() メソッドを呼び出して、各デバイスで実行開始を命令することによって行います。
同期停止
各デバイスで順に stop() メソッドを呼び出して、各デバイスで実行停止を命令することによって行います。(DTSL が RDDI_EVENT_TYPE.RDDI_PROC_STATE_STOPPED 停止イベントを受信することにより)1 つのデバイスが停止したと見なされると、DTSL コンフィギュレーションは他のすべてのデバイスを停止するよう要求する必要があります。
この同期はホストコンピュータで実施されるため、各コアによる実際の停止の間隔は数百ミリ秒になる場合があります。これが問題になるかどうかは、ターゲットアプリケーションが応答しない他のコア(コアどうしがまったく通信しない場合)をどのように扱うかによって決まります。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446VJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.