13.7 プログラミングのアドバイスと重要な情報

OS 認識拡張機能の Python コードにおける問題を調査するのは、困難な場合があります。

デバッグを簡単に行うための推奨事項をいくつか以下に示します。
  • コンソールから Eclipse を起動します。
    Python の print ステートメントは、Eclipse のプロセス標準出力/エラーストリームにアクセスします。これは、Eclipse がコンソールから起動されないと表示されません。
    • Linux の場合、新しいターミナルを開き、次のコマンドを実行します。
      <DS-5 installation folder>/bin/eclipse
    • Windowsの場合、コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行します。
      <DS-5 installation folder>\bin\eclipsec
      eclipsec の最後にある c に注意してください。
  • [Error Log]ビューを使用します。
    デバッガで発生するエラーのほとんどは、詳細が[Error Log]ビューに記録されます。エラーの完全なスタックトレースは、エラーが発生したソースファイルの場所への参照が含まれているため、特に役立ちます。
  • デバッガの verbose error ロギングをオンにします。
    ほとんどのエラーは[Error Log]ビューに記録されますが、デバッガイベント処理ロジックで発生したエラーはそうではありません。選択肢の 1 つとしては、詳細なエラーロギングをオンにして、[Console]ビューにエラーの完全なスタックトレースを出力します。
    詳細なエラーロギングをオンにするには、デバッグセッションの初期に次のコマンドを実行します。
    log config infoex

    • OS 認識の実装はデバッガと深く相互作用することや、一部のエラーではデバッガがターゲットの制御を失う可能性があることを理解するのは重要です。
    • また、OS 認識が指定されている場合、セミホスティングは使用できません。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446VJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.