2.9 DS-5 を使用した Android アプリケーションのデバッグ

Android ターゲットでアプリケーションのデバッグを行う場合、[Debug Configurations]ダイアログボックスの[接続]タブの[Android Application Debug]にある使用可能なオプションを使用します。

DS-5デバッグコンフィギュレーションを作成して、Android ターゲットへの接続を試行する前に、以下を実行する必要があります。
  • Android SDK ツールと必要なプラットフォームをダウンロードして、インストールします。これにより、Java アプリケーションをネイティブの C/C++ コードに組み込んで、.apk というファイル拡張子の付いた Android パッケージにビルドすることができます。
  • Android NDK がダウンロードされてインストールされていること。Android NDK は Android SDK のコンパニオンツールです。アプリケーションで特に高いパフォーマンスが求められる部分を C 言語や C++ 言語などのネイティブコードでビルドします。
  • ...\android-sdk\platform-tools フォルダを PATH 環境変数に追加します。
  • アプリケーションが正しくビルドされていることを確認します。
  • ターゲットが稼動していることを確認します。
    • ハードウェアターゲットを使用する場合は、ホストワークステーションがターゲットに接続されていることを確認します。
    • Android Virtual Device(AVD)を使用する場合、デバイスエミュレータを適切な API レベルと CPU 設定で構成する必要があります。また、DS-5 が接続できるように、稼動している必要があります。

Android 開発ツールは、Android の使用条件の対象となります。
接続オプションは以下のとおりです。
  • Attach to a running Android application.
    このオプションを指定する場合は、DS-5 とターゲット間の接続を試行する前にターゲット上にアプリケーションをロードする必要があります。
  • Download and debug an Android application.
    このオプションを使用して接続を確立すると、DS-5 はターゲットに接続し、ターゲットシステムにアプリケーションをダウンロードして、デバッグセッションを開始します。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446WJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.