16.1 DS-5デバッガにおける標準への準拠

DS-5デバッガは、さまざまな形式およびプロトコルに準拠しています。

Executable and Linkable Format(ELF)
デバッガは FLE 形式の実行可能イメージを読み取ることができます。
DWARF
デバッガは、DWARF 2、DWARF 3、および DWARF 4 形式の ELF イメージからデバッグ情報を読み取ることができます。

DWARF 2 および DWARF 3 標準には、フレームデータのデバッグなど、一部あいまいな領域があります。このため、デバッガがすべてのサードパーティ製ツールで生成された DWARF を読み込める保証はありません。
トレースプロトコル
デバッガは、組み込みトレースマクロセル(ETM)(v3 以上)、インストルメンテーショントレースマクロセル(ITM)、およびシステムトレースマクロセル(STM)の各プロトコルに準拠しているトレースを解釈できます。
関連情報
ELF for the ARM Architecture
『DWARF for the ARM Architecture』
The DWARF Debugging Standard
『International Organization for Standardization』
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446WJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.